あま市 七宝焼アートヴィレッジ
 サイトマップ  お問い合わせ  ENGLISH
トップ ご利用案内 尾張七宝とは 常設・企画展 イベント案内 七宝焼体験教室
〒497-0002
愛知県あま市七宝町
遠島十三割2000
TEL 052-443-7588
FAX 052-443-7122

七宝だより

展示室お客様ノートより(15)

「七宝焼ということばは知っていました。その中にこの様な歴史、せんさいな工程があることを知り、日本人の美意識の深さを改めて思いました。又訪れます。」

ありがとうございました。七宝のもつさまざまな面を知っていただくような展示を心掛けています。ぜひまたおこしください。

学校の先生の下見

7月下旬から8月上旬にかけて学校の先生方による秋以降の見学の下見が多くいらっしゃいます。夏休みに入り、先生方も学校外での活動がしやすくなったからでしょうか。9月以降の当館のにぎわいを予想させる出来事です。


夏休みに入りました

学校の夏休みが始まりました。当館の夏休み期間中のイベントはHP上の「イベント案内」にてお知らせしていますが、それ以外でもお子様連れのファミリーの方たちの来館が増えています。ご家族単位での七宝体験は予約不要ですのでお気軽にお越しください

展示室お客様ノートより14

「素晴らしい超絶技巧が見られて良かった。明治名工そして、遠島村の文化産業として受け継がれたこのブランドをもっと世界に広め、日本人自身が知るべきアートだと思った」

まさにおっしゃる通りです。これからも多くの方に知ってもらえるよう努めます。

展示室お客様ノートより13

「この近くに住んでいて初めて展示を見ましたが、思った以上に展示が多くて、思った以上に見ごたえがあったと思います。展示を見て七宝焼を家に飾りたいと思いました。」

ありがとうございます。お近くにお住いの方でもまだご縁のなかった方がおいでになったようです。これからも足を運んでいただけるような企画を考えていきますのでよろしくお願いします。

展示室お客様ノートより(12)

「(前略)スマホから、こちらのHPを拝見したところ、トップページに企画展の画像がなく、(中略)企画展を行っていることに気付けません。もったいないので是非トップページで表示、説明するべきだと思います。(後略)」

懇切なアドバイスありがとうございました。確かに情報をとりにくい状態でした。ご指摘の件は修正いたしました。これからはわかりやすくしていきたいと思います。貴重なご意見ありがとうございました。

展示室お客様ノートより(11)

「体験後に職人さんの話を聞いて、自分の体験したことがよく分かった。そのあとに、展示室に入ったのでさらに職人さんの話が理解できよかった。クイズ、パズルなど色々なものがあってゆっくり楽しめました。」

ご来館ありがとうございました。まさしく当館の目指す七宝焼について知る総合的な施設という内容を体験いただきました。ぜひまたのご来館をお待ちしています。

展示室お客様ノートより(10)

「初めて来館しました。子供も楽しめるようパズルや手で触れるコーナーをもうけてくれてあったので大人はじっくり解説を読むことができ、細やかな心遣いに感動しました。また来たいと思います。」

過分なお褒めの言葉ありがとうございました。展示室内では子どもさんも楽しめるようなものを用意しようと思い手作りでいろいろ考えています。GW期間中に実施している「アートヴィレッジの藤まつり」もその一つです。これからも折をみて新しい企画を用意しますのでご期待ください。

展示室お客様ノートより(9)

「技術の面では勿論、展示内容にもかなり見せるものがあるにも関わらず、あまり知られていないのが残念だった。・観光バス、路線バスの立寄り・旅行コースへの編入・ミュージアムショップの拡大等々七宝焼そのものの知名度向上の施策が必要と思った。大した内容もない美術館よりよほど面白かっただけに残念・・(後略)」

おほめの言葉ありがとうございました。また、諸々のご提案も参考にいたします。当館としましても各地の旅行社へのPR活動を続けており、その成果として関西地方の学校団体が近年増えています。また、昨年の愛知DCの催しにも積極的に参画してきました。また、ミュージアムグッズの新商品も少しづつ増やしてまいります。

今年度は館の重点目標として情報発信への注力と館内案内等の多言語化を掲げております。なお努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

展示室お客様ノートより(8)

「とても素敵な作品でした。せっかくの情報も写真NGではSNSにアップできないためとても残念です。今はSNSの時代です。もっとオープンにして七宝のすばらしさを広げてほしいと思います。」

ご提案ありがとうございました。展示室の写真撮影には資料の保存や肖像権など様々な理由がありますが、このたび「間取り花鳥文大花瓶」の前を撮影可能エリアとしました。スペースとしても他のお客様に迷惑がかかりにくい場所かと思います。ぜひいろいろと活用していただきたく思います。

Copyright(C)2003-2010 SHIPPO ART VILLAGE All Rights Reserved.