あま市 七宝焼アートヴィレッジ
 サイトマップ  お問い合わせ  ENGLISH
トップ ご利用案内 尾張七宝とは 常設・企画展 イベント案内 七宝焼体験教室
〒497-0002
愛知県あま市七宝町
遠島十三割2000
TEL 052-443-7588
FAX 052-443-7122

七宝だより

紫蘭も満開です

IMG_2467 職人実演ゾーンの中庭に咲く紫蘭も満開です。

紫蘭はその根に近い結節部分を乾燥させて細かく砕いた

ものを七宝焼つくりの銀線を貼り付ける時の糊にします。

小学生たちが見学に来た時の説明時に「そんなの知らん!

(紫蘭)と人気ナンバーワンのアイテムです。」

展示室お客さまノートより(7)

「冬休みの宿題で「愛知のはかせになろう」で七宝焼をえらびました。たくさんべんきょうして帰ろうと思います」

ある小学校の児童さんの感想です。4年生の3学期には学校で地域の歴史や伝統工芸などを学ぶ時期のようで、ほかにもたくさんの児童が調べ学習においでいただきました。みなさん楽しんでいってもらえたならうれしいです。

展示室お客様ノートより(6)

「尾張七宝が国宝、世界遺産になることを祈ります・・・。」

学校の課題で伝統工芸を学びに来た生徒さんが書いていかれました。

尾張七宝への応援ありがとうございます。

より多くのみなさんに尾張七宝を知ってもらえるようにがんばります!

博物館学芸員実習終了しました

8月1日から6日まで当館において博物館学芸員資格を取得するための実習を実施し、今年は2名の大学生が参加しました。期間中子ども対象のワークショップなどで活躍してもらいました。

学校が夏休みに入りました

学校が夏休みに入りました。当館でもイベントお知らせのところに各種催しを掲載しておりますので、ぜひご覧ください。通常の体験と展示につきましては、連日の猛暑のせいか、現在のところ体験教室は余裕があり、特にご予約等いただかなくともすぐにご案内できる状況です。今後お盆に向けてどのように変わるかわかりませんが、ご来館をご予定の方はお早目が便利です。

展示室お客さまノートより(5)

「職人のタマシイを込めた力作に大感動と大感謝します。未来永ゴウにつなげたいです」

ご声援ありがとうございます!後継者問題は前途多難ですが、七宝を後の時代に語り継いでいく力になるよう努めてまいります。

七宝焼を寄贈いただきました

6月23日、日進市にお住いの方より七宝焼をご寄贈いただきました。お宅にうかがいお話をうかがいましたが、最近ご主人を亡くされ、家財を整理する中で寄贈を決められたとのことです。特に希少な作品ではないことを恐縮しておられましたが、当館では、いただいた作品を展示するばかりではなく、小学生らへの出張授業のときなどに実際に触れてもらったりして幅広く活用しています。ありがとうございました。

さぎ

さぎ当館近くの田植えが終わった田にサギがやってきます。七宝焼の図柄にもサギを描いたものがあり、この地の人にはなじみ深い鳥だったことがわかります。

体験教室いかがでしょう

春の連休が終わり、夏休みを控えたこの時期は、休日の体験教室も比較的余裕があります。この時期にじっくりと七宝焼体験をしてみてはいかがでしょう。

あつまれ!キッズ七宝探偵団

きっず施設6月3日、今年度の「あつまれ!きっず七宝探偵団」第9期生の第1回が開催されました。この回では、展示室にて七宝を学んだあと、館内バックヤードをめぐり、最後は職人さんの仕事を体験しました。今期の参加者は5名と少なめですが、初めての人から2回目3回目の人もいて、このあと皆で一緒に楽しみながら七宝を学んでいきたいと思います。キッズ職人
Copyright(C)2003-2010 SHIPPO ART VILLAGE All Rights Reserved.